FoE Japan
森林プログラム
森林 トップ トピック&キャンペーン 森林ツアー 資料室
森林プログラム人々の生物多様性>連続セミナー「人々の生物多様性」
2009年
第1回:ラオス報告
第2回:メコン河と開発
第3回:インドネシア
第4回:ロシア
第5回:メコン河と人々
第6回:アブラヤシ
第7回:サラワク
連続セミナー「人々の生物多様性」第7回 木材生産と先住民族
ロン・ブナリの人々と伐採道封鎖
第7回 木材生産と先住民族 〜生物多様性の宝庫サラワクの森から〜

最終回の第7回では、生物多様性の代名詞でもある熱帯雨林の広がるボルネオ島の一角、マレーシアのサラワク州からの話題提供です。同国内で森林開発が最も盛んなサラワク州。日本市場はサラワク産木材・木材製品の最大顧客です。一方で、その開発は森とともに生活する先住民族の権利を軽視した形で進められ、先住民族と政府&企業との係争も数多く起きています。

今回は、サラワクの先住民でもあるFoEマレーシアのジョク・ジャウ氏をお招きし、依然続く森林破壊と対立の現状をご紹介いただきます。またFoE Japanの三柴が「フェアウッド」の視点から見たサラワクの木材産業の状況をレポートします。ビデオジャーナリストの中井信介氏制作の「サラワクは今?(仮題)」ドキュメンタリー映画も上映いたします。

※今回は通常の平日午後(23日(金))に加え、24日(土)にも別会場にて開催いたします。週末がご都合の良い方、是非お運びください。

日時、場所 (1) 2010年4月23日(金) 13:30〜16:30
 環境パートナーシップオフィス会議室   >地図はこちら
  東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F

(2) 2010年4月24日(土) 13:30〜16:30
 JICA地球ひろば セミナールーム301  >地図はこちら
  東京都渋谷区広尾4-2-24
プログラム
(敬称略)
ドキュメンタリー「サラワクは今?(仮題)」上映(20分程度)

「データで見る日本とサラワク州とのつながり」
  三柴 淳一(FoE Japan)

「サラワク先住民族と森林開発」
  ジョク・ジャウ(Sahabat Alam Malaysia(FoEマレーシア)、マルディ支部長)
参加費

1,000円  (主催団体の会員・サポーター、協力団体のスタッフ・会員は無料)

申込み ○申し込みフォームから(推奨)  >http://www.gef.or.jp/form/index.htm
○または下記ご記入の上、地球・人間環境フォーラムまで、
 E-mail: event@gef.or.jp または ファックス(03-3813-9737)でご送付ください。  
 ・ご氏名  
 ・ご所属(会社名など)  
 ・部署:  
 ・Tel:  
 ・Fax:  
 ・E-mail:  
 ・希望する回:(例:第5回 等)
主催 FoE Japan、地球・人間環境フォーラム、メコン・ウォッチ
協力 IUCN日本委員会、アース・ビジョン組織委員会、アジア太平洋資料センター(PARC) 、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、環境を考える経済人の会 21(B-LIFE21)、国際青年環境NGO A SEED JAPAN、気候ネットワーク、コンサベーション・インターナショナル、サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC) 、サステナビリティ日本フォーラム、市民外交センター、社会的責任投資フォーラム(SIF-Japan)、生物多様性条約(CBD)市民ネットワーク、日本環境ジャーナリストの会 (JFEJ) 、日本国際ボランティアセンター、日本消費者連盟、 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会(NACS) 、フェアウッド・パートナーズ、ラムサール・ネットワーク日本、WWFジャパン
問合せ FoE Japan 担当:満田(みつた)
 TEL. 03-6907-7217 / FAX. 03-6907-7219
地球・人間環境フォーラム 担当:飯沼  
 TEL. 03-3813-9735 / FAX. 03-3813-9737   E-mail: event@gef.or.jp
メコン・ウォッチ 担当:木口(きぐち)
 TEL. 03-3832-5034 / FAX. 03-3832-5039   E-mail: event@mekongwatch.org
(c) 2002 FoE Japan.  All RIghts Reserved.

サイトマップ リンク お問い合せ サポーター募集 English