FoE Japan
開発金融と環境プログラム
開発金融 トップ キャンペーン 資料室
開発金融と環境プログラムキャンペーンサハリン石油開発>プレスリリース
サハリン石油開発
サハリン・トップページ
プロジェクトの概要
これまでの活動・動き
English Documents
サハリン写真館
関連リンク
海外NGOプレスリリース 絶滅危惧種ニシコククジラを救うための科学者の緊急要請
 

2009年2月16日、サハリンの環境NGO「サハリン環境ウォッチ」、国際環境NGO「パシフィック・エンバイロンメント」及び「WWFロシア」が、サハリン北東部の石油・天然ガス開発(サハリンI・II)地域におけるニシコククジラへの影響について、昨年12月に開催されたニシコククジラ専門家パネルのレポート(2009年2月発表)の内容に触れたプレスリリースを配信しました。

以下はそれをFoE Japanが日本語訳したものです。(下に、英語の原文があります。)


(日本語訳:FoE Japan)
プレスリリース
2009年2月16日

絶滅危惧種ニシコククジラを救うための科学者の緊急要請

ニシコククジラ専門家パネル、石油企業を批判
サハリンのクジラの採餌場付近での工業活動の一時停止を求める

科学者たちは、サハリン島における石油・天然ガス開発事業が、絶滅危惧種のニシコククジラにもたらす影響について、緊急の警鐘を鳴らした。国際自然保護連合(IUCN)が開催する専門家委員会で、石油・天然ガスプロジェクトがクジラに与える影響を研究する、ニシコククジラ専門家パネル(WGWAP)のレポートの中でそれは述べられた。生息数およそ130頭のニシコククジラは、夏に、サハリン 島北東部沖合いの石油・天然ガスプロジェクトに近接した場所で唯一餌を採る。科学者たちは、2008年夏にサハリン島沖合いで確認されたニシコククジラの数が著しく減っていることを指摘した。

レポートは、「2008年夏のサハリン沖合いでのニシコククジラの発生及び分布のパターンが異常であることを示唆する予備的証拠について、さらに、そのパターンと工業活動が関連している可能性について、緊急な懸念がある」と述べている。

したがって、専門家パネルは、「現状に対する予防的な対応としては、ニシコク クジラの夏と秋の主な採餌場及びその付近で、クジラを害する可能性のある海上及び陸上の全工業活動の一時的停止措置(モラトリアム)を設けることだ」と求めている。

サハリンに拠点を置くサハリン環境ウォッチ代表のディミトリー・リシチンは、「ロシア及び国際的な石油企業は、この状況の重大性を認識し、即座にモラトリアムを実施すべきだ」と語った。

パネルのレポートは、サハリンで操業する国際及びロシアの石油・ガス会社から の協力の欠如に対して厳しい批判を述べている。

レポートは次のように記している。「サハリン・エナジー社は、パネルとデータ を共有できないことについて、エクソン・ネフテガス社が協力的でないからとしている。パネルは、エクソン・ネフテガス社がパネルの枠組みへの参加にメリッ トを見出していないという残念な状況を認識している。しかし、通常の科学的な 検証及び分析が完了しても、共同で集めたデータの共有を拒むことが、果たしてエクソン・ネフテガス社にとってメリットとなるのかは明らかではなく、このことは、明らかにニシコククジラの保護を妨げている」

また、レポートは、サハリンIIのオペレーターであるサハリン・エナジー・インベストメント社(サハリン・エナジー社)が協力的でないことについても、厳しい批判を表している。

パシフィック・エンバイロンメントの政策ディレクターのダグ・ノーレンは、科学者たちが警告し、また、適切な環境レビューや実証された効果的な緩和対策がないにもかかわらず、今夏、地震探査を実行するというサハリン・エナジー社の計画に特に懸念を表明している。地震探査は、クジラの採餌パターンを妨げることで知られている。「サハリン・エナジー社は、科学者たちの緊急要請に耳を傾けるべきであり、予防的なアプローチをとり、モラトリアムを実施すべきである。著しい減少に直面していながら、地震探査のようなストレス要因を与えてしまえ ば、ニシコククジラの頭数に深刻な影響を与えかねない。」

サハリン・エナジー社が提案している2009年の地震探査の起こり得る影響について、パネルは、「工業活動と2008 年のクジラの分布に関する追加の情報が手に入るまで、また、さらに理想的には分布が『正常』に戻ったことを示す2009年のデータも手に入るまで、計画されているAstokh 4-Dの地震探査を延期することが、予防的措置となる」と述べている。

また、パネルは、エクソン・ネフテガス社とサハリン・エナジー社が協力しなければ、「パネルの有効性及びニシコククジラを保護するというサハリン・エナジー社の公約は大きく後退する」と述べている。

WWFロシアの石油・ガス環境政策プログラムのアレクセイ・クニズニコフは「この悲惨なニュースは、『ピルトゥン・クジラ』保護地域を早急に設け、ピルトゥ ン湾でのサハリンI開発を中止させる要求を強めるものだ。サハリンIのメジャーパートナーであるエクソン・モービル社とロスネフチ社がパネル及び環境団体や この保護地域の創設を支持している5000人のロシア市民の勧告に従うことを望む」 と語った。

*2月半ばに発表されたパネルのレポートは以下のURLからご覧いただけます。
http://www.iucn.org/about/work/programmes/marine/?2655/sakhalininadequatecollaboration

*連絡先
Doug Norlen, Pacific Environment
Tel:+1 202 465 1650,  Email:dnorlen@pacificenvironment.org

Dmitry Lisitsyn, Sakhalin Environment Watch
Tel:+7 4242 74 75 18,  Email:watch@sakhalin.in

Aleksey Knizhnikov, WWF Russia
Tel:+ 7 (495) 727 0939


原文(英文)

For Immediate Release: February 16, 2009

Scientists Make Urgent Plea to Save Critically Endangered Western Gray Whales

Panel Criticizes Oil Companies and Calls for Moratorium of Industrial Activities
Near Sakhalin Whale Feeding Area

Scientific experts have issued an urgent warning concerning impacts of oil and gas projects on the critically endangered Western Gray Whale population offshore of Sakhalin Island, Russia. The warning was issued in a report by the Western Gray Whale Advisory Panel (WGWAP), a scientific expert committee convened by the International Union for the Conservation of Nature to study the impacts of oil and gas projects on the whales.[1] Remaining Western Gray Whales, numbering only around 130, feed in the summer almost exclusively adjacent to new oil and gas projects offshore northeast Sakhalin Island. Scientists noted a sharp decline in the number of observed Western Gray Whales offshore of Sakhalin Island in summer 2008.

"[T]here is urgent concern about the preliminary evidence suggesting an anomalous pattern of gray whale occurrence and distribution off Sakhalin in summer 2008 and the possible relationship of this pattern to industrial activity," the report states.

As a result, the WGWAP urges that "[a] precautionary response to the present situation would be to establish a moratorium on all industrial activities, both maritime and terrestrial, that have the potential to disturb gray whales in summer and autumn on and near their main feeding areas."

"Russian and international oil companies must understand the gravity of the situation and implement an immediate moratorium. The risk of extinction is too great to do otherwise." said Dmitry Lisitsyn, Chairman of Sakhalin Island-based Sakhalin Environment Watch.

The WGWAP report contains harsh criticism for the lack of cooperation by international and Russian oil and gas companies operating in the area. The report singles out the Exxon Neftegas Limited (ENL) Sakhalin-I project:

"...Sakhalin Energy has reported an inability to share data with the Panel, citing ENL's unwillingness to cooperate. The Panel recognises the unfortunate situation whereby ENL does not see any advantage to its participation in the Panel process. However, it is unclear how a refusal to share jointly collected data, once the normal scientific validation and analysis process has been completed, could possibly be to the advantage of ENL and it certainly impedes the cause of western gray whale conservation."

Also, the WGWAP report sharply criticizes the chronic lack of cooperation by the operator of Sakhalin-II, Sakhalin Energy Investment Company, Ltd. (Sakhalin Energy), which is majority-owned by Gazprom, managed largely by Royal Dutch Shell, and includes Mitsubishi and Mitsui.

Doug Norlen, Policy Director of Pacific Environment, noted particular concern about Sakhalin Energy's plans to go ahead with seismic testing this summer, despite the scientists' warning and lack of adequate environmental review or proven effective mitigation measures. Seismic testing is known to disturb whale feeding patterns. "Sakhalin Energy should heed the scientists' urgent call, take a precautionary approach and implement a moratorium. In the face of this sharp decline, adding stress factors like seismic testing could push the Western Gray Whale population over the edge."

Speaking of the potential impacts of Sakhalin Energy's proposed 2009 seismic testing, the WGWAP states, "[I]t would be precautionary for the planned Astokh 4-D seismic survey to be put on hold until more information is available about industrial activities and whale distribution in 2008, and preferably also until data from 2009 are available that might indicate whether the distribution has returned to 'normal'."

The WGWAP also states that if ENL and SEIC do not cooperate, "the effectiveness of the Panel and Sakhalin Energy's stated commitment to western gray whale conservation will be severely compromised."

"This dire news strengthens our call to immediately create a "Piltun Whale" protected area and halt Sakhalin I development at Piltun Bay," said Aleksey Knizhnikov, Head of the Oil and Gas Environmental Policy Program at WWF Russia. "We hope that the major partners of Sakhalin I-ExxonMobil and Rosneft-follow the recommendations of the panel, as well as of the environmental organizations and 5000 Russian citizens who have supported the creation of this reserve."

1. The WGWAP report, released in mid February, can be found at
http://www.iucn.org/about/work/programmes/marine/?2655/sakhalininadequatecollaboration

(c) 2002 FoE Japan.  All RIghts Reserved.

サイトマップ リンク お問い合せ サポーター募集 English