• HOME
  • FoE Japan とは

FoEについて

FoE Japan は、地球規模での環境問題に取り組む国際環境NGOです。
世界74ヵ国に200万人のサポーターを有する Friends of the Earth International のメンバー団体として
日本では1980年から活動を続けてきました。

 



組織概要

団体名 エフ・オー・イー・ジャパン (通称:FoE Japan)
代表理事 ヘルテン・ランダル・アラン
事務局長 三柴 淳一
設立 1980年1月
所在地 〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9 >地図
法人格 2001年11月 東京都より、NPO法人の認証を受ける
2010年7月 国税庁より、認定NPO法人として認定される
2015年7月 東京都より、認定NPO法人として認定される
加盟組織 Friends of the Earth International >FoEIのホームページへ
所在地:オランダ・アムステルダム。1970年設立。世界75ヶ国に加盟団体をもつ。
沿革 沿革はこちら
組織構成 理事12名/常勤職員4名/アルバイト4名/委託研究員5名
組織構成、役員、スタッフ一覧はこちら
会員数 500名
定款 定款はこちら
事業報告 2014年度経常収益62,894,014円
2014年度経常支出58,929,920円    >年次報告、会計報告はこちら

FoE Japan の活動ビジョン

地球上のすべての生命(いのち)がバランスを取りながら心豊かに生きることができる「持続可能な社会」を目指します。


FoE Japan の活動理念

■ 生命(人、民族、生物、自然)の尊厳と多様性を重んじ、
民主的かつ公正・公平な社会を目指して活動します。

■ 日本の市民として自然と結びついた心や文化を尊重し、
今存在している「いのち」がこの地球で世代を超えて受け継がれていくために活動します 。

■ 市民として参加する場をつくり、連帯することで大きなうねりを生み、
市民の視点で社会の意思決定に貢献するために活動します。

■ 時代の先を見据え、環境・社会問題を生み出している大きな動きに対して挑戦し、
行動するだけでなく成果を掴むために活動します。

理念実現への5つの方針

調査・研究する

環境問題の実態を調査・分析し、グローバルかつ長期的な視野に立った根本的解決策を研究する。

提言する

政府・経済界に対して、また国際交渉等の場で環境問題の解決策を提言する。

連携する

海外のFoEネットワーク、および国内の各分野・各地域の団体と、
共通の問題に対して連携し、より大きな力で行動する。

伝える

メディアを通して、および独自の情報発信により、
環境問題の実態とFoE Japanのビジョンをあらゆる人々にわかりやすく伝える。

喚起する

様々な機会を通して、環境問題解決のための行動に市民の積極的な支援と参加を促す。

 


こちらの資料をご希望の方にお届けします。事務局(info@foejapan.org)までご連絡ください。



●FoE Japan の活動紹介と
  入会申込書がセットになったパンフレット

●FoE Japan のビジョン、活動30年の歩みをまとめた冊子
  「30 STEPS ~次の一歩に向けて」  (A4版・20ページ/2010年発行)

-地球の友だちとして、30年間一歩ずつ
-世界77ヶ国のネットワーク FoEインターナショナル
-FoE Japanの活動アプローチ
-FoE Japan 30年の歩み
-持続可能な低炭素社会に向けて[気候変動・エネルギー]
-木の流れから、未来をつくる[森林保全と生物多様性]
-責任ある開発支援を求めて[開発金融と環境]
-砂漠に緑を取り戻そう[砂漠緑化]
-脱・使い捨て社会を求めて[廃棄物・3R]
-FoE Japan 活動の舞台裏 スタッフ座談会
-FoE Japan を応援しています

 

FoEメールマガジン

Friends of the Earth

ツイッター

スタッフブログ

facebook