FoE Japan
地球環境と人々の暮らしを守る国際環境NGO
ホーム ニュース 団体概要 活動内容 イベント Green Earth
ホームニュース>プレスリリース
ニュース

【プレスリリース】ブリヂストン、『最も無責任な企業』に選ばれる

世界経済フォーラムが今年もスイス・ダボスで開かれています。初日の1月24日、スイスのNGOであるFoE スイスとBerne Declarationによって「最も無責任な企業」が選ばれました。
「Public Eye Award」を受賞したのは3社。そのうちの1社は、日本のタイヤメーカーのブリヂストンでした。

以下は、FoE スイスとThe Berne Declaration が発表したプレスリリースです。

プレスリリース
2007年1月24日 

『Public Eye Awards 2007』に
ブリヂストン、Novartis、Coop の3社が選ばれる  

世界経済フォーラム開催初日の24日、Berne DeclarationとFoEスイスによって、「最も無責任な企業」が選ばれた。今年度、この不名誉な賞に選ばれたのは、日本のタイヤメーカー・ブリヂストンと、スイス・バーゼルに本社を置く大手製剤会社のNovartis。一方、スイスの小売組合・Coopは、企業としては初の「Public Eye Positive Award」の栄誉を本国に持ち帰ることとなった。

「Public Eye Awards」に選ばれるのは3社。世界各国の非政府組織(NGO)により受賞候補として、今年は40カ国の企業の名前があげられ、最終選考に9社が残った。(詳細>http://www.publiceye.ch/en/p11676.html

これら最終候補から、「Public Eye Awards」主催者らが前述の3社を選出。選ばれた3社のうちの2社は、最終選考に残った世界経済フォーラムメンバーだったが、大企業として社会や環境に対して行った罪深い行為が、利益追求主義のグローバリゼーションの負の部分を示した実例であるとされての受賞となった。

「Public Eye Global Award」に選ばれたのはブリヂストン。ブリヂストンは、西アフリカにあるリベリアの自社ゴム農園において、80年もの間、劣悪な環境で労働者を働かせていた。また児童労働や、環境破壊も常であったという。ブリヂストンを賞に推したFoE USと協力団体にあるGreen AdvocateというNGOの代表・アルフレッド・ブラウネル(Alfred Brownell)氏は、「この受賞は、責任逃れの悪習がついに終わりになるという重要な兆候」と喜ぶ。

「Public Eye Swiss Award」に選ばれたのはNovartis。バーゼルに本社を持つこの製薬会社は、現在、インドやその他発展途上国において、安価なジェネリック医薬品の購入を制限する特許訴訟をしており、これを理由にインド癌患者支援団体(CPAA)がNovartisの同賞受賞を推薦した。支援団体代表のYogenda Sapru氏は、「この特許は、インド一万人の癌患者と痛みを分かち合う責任からノバーティスを逃れさせるものです」と指摘する。

一方、Coopには、その賞賛すべき企業の積極性において、初の「Public Eye Positive Award」が与えられた。Bioterraという庭、消費、農業に関するスイスの組織が、Coopの「ナチュラプラン」という有機商品のラベルを、その草分けとして評価し、賞に推薦した。Bioterra代表、Johannes Pfenninger氏は次のように述べた。「コープが1993年に"ナチュラプラン"を売り出して、スイスの有機作物市場に道しるべを作ってくれました。おかげで現在、国内の有機栽培農家は6,000件以上にもなっています」

また、今年新たに「Public Eye Film Award」が、スイスの非営利のビデオ製作配給団体 agent -provocateur.ch. の協力によって設けられた。応募作品の中から、「グローバリゼーションと正義、それともグローバリゼーションか正義?」を主題にしたSarah KreuterとUrs Lehmannの作品が初のベストビデオクリップ賞に選ばれ、300スイスフランの寄付金が授与された。受賞作「離散(Dispersion)」は、他出品作とともに以下のURLでみることができる。
http://www.publiceye.ch/filmaward

「Public Eye」によって、Berne DeclarationとFoEスイスは、世界経済フォーラムに対抗する主張をした。企業に、人や自然を敬うという姿勢を持たせるには、直接プレッシャーをかけることが必要だとの考えからだ。両団体は特に、企業の責任に関する国際的な法的規制を求めている。

問合せ;
Oliver Classen, The Berne Declaration, Tel. +41 (0)76 334 25 42, E-mail: publiceye@evb.ch
Sonja Ribi, Pro Natura(FoE Swiss), Tel. +41 (0)79 216 02 06, E-mail: sonja.ribi@pronatura.ch

 

なぜ、ブリジストンが「無責任な企業行動」として受賞されたのか?以下は、ブリジストン受賞理由の要約です。

●無責任な企業行動  
リベリアに、世界でも指折りのゴムプランテーションを運営するブリジストンの子会社Firestone Natural Rubber Company(Firestone)があります。1926年にプランテーションを始めて以来、水もトイレもない泥でできたFirestoneの社宅は一度も改築されていません。プランテーションの労働者やその子供は80年間もの間、奴隷同然の生活を強いられてきました。

ゴムの木から、ゴムの主成分であるラテックスを採取するには危険と相当の労力を伴います。日々のノルマ達成のためには、子供たちもその手伝いをしなければなりません。子供たちは、鋭い道具で木を切ったり、農薬を手で触ったり、30kgものラテックスが入ったバケツを運ばなくてはいけません。

毎日長時間働かされているため、基礎教育をうける機会もありません。両親はFirestoneが経営する学校に通わせたくても、高いお金を払って出生記録を提出しなくてはいけないことから、それも難しいのです。500平方kmのプランテーションにいる労働者とその家族は世間から孤立し、食べ物から家から全て、Firestoneの不十分な施設に依存してしまっています。  

Firestoneは人権侵害だけでなく、環境破壊も引き起こしています。FoEアメリカによると、Firestoneによる毒素の流出が継続的に記録されているそうです。工場からの有毒物質は近くのファーミントン川などを汚染し、地域の生態系を破壊し、飲み水などとして川に依存しているコミュニティーにも悪影響をもたらします。さらに樹液採取の過程で、労働者は毎日有害物質にさらされています。  

しかし、Firestoneは以上のことを認めていません。

●現在の状況と現地からの要求  
2005年11月17日、国際労働権利財団(International Labour Rights Fund)は、Firestoneに対して集団訴訟を起こしました。35人の原告は現在Firestoneのリベリアのプランテーションで児童労働をしいられてきた子供か、以前そこで労働していた子供です。

リベリアは内戦からの復興途中で現在もまだ法律が整備されていないため、アメリカの裁判所に訴えています。 国際労働権利財団は、「Firestoneを止めて!連合」と一緒に、以下のことを要求しています。

・労働者に最低生活賃金や結社の自由などの基本的権利を与えること
・全ての児童労働と強制労働をやめ、ノルマを適切な量にすること
・健康と安全の基準を設けること(労働者が有害物質にさらされないようにすること)
・家屋、学校、医療施設を向上させ、安全で快適な施設を提供すること
・収入と全ての外国投資契約を公開すること
・化学物質の流出をとめ、全ての負の環境影響を回復させること
・Firestoneがだした全ての有害物質の種類と量を特定すること


*全文(英文)はこちら >http://www.evb.ch/cm_data/Bridgestone_e.pdf

(c) 2002 FoE Japan.  All RIghts Reserved.
English サポーター募集 お問い合せ リンク サイトマップ