FoE Japan
くらしとまちづくり
サステナトップ
気候変動・エネルギー国内の温暖化政策MAKE the RULE キャンペーン>「グリーン・ニューディール」は実現するか?
MAKE the RULEキャンペーン開始!!
 

ボランティア募集

 
 

「グリーン・ニューディール」は実現するか?
  〜ドイツの環境経済学的視点から見る日本の気候政策

>ちらしのダウンロード

世界同時不況、米国オバマ政権の誕生といった、 国際情勢の大きな変化の中でポスト京都の国際枠組み交渉が進められています。

EUおよび欧州各国は、科学の知見に基づき、先進国としての責任を示すべく率先した中長期の削減目標を掲げ、温室効果ガスの削減に取り組んでいます。 域内排出量取引(EU-ETS)は、その重要な手段として位置づけられ、炭素市場を確立しながらその制度は進化を続けています。

こうした情勢の中、我が国でも、「グリーン・ニューディール」という言葉とともに、 温暖化対策と経済の再生を両立させようとのムードは高まっています。そして、キャップを設けない国内排出量取引制度や、太陽光発電の余剰電力の固定価格買取制度が始まることが決まっていますが、これらの政策は、温室効果ガスを削減するためのインセンティブとして 期待できるのでしょうか?また今後、日本が低炭素社会にシフトしていくために必要な経済 のしくみとは、どのようなものなのでしょうか?

当セミナーでは、ドイツの環境税制改革で大きな役割を果たしたBUND(ドイツ環境自然保護連盟:FoEドイツ)の経済・財政政策グループ代表であり、環境経済学者であるスヴェン・ルドルフ氏を講師に迎え、欧州の気候政策の最新動向を伺うとともに、日本の気候政策について議論します。
多くの皆さんの参加をお待ちしています。 

【日時】 3月27日(金) 18:30〜20:30
【場所】 ウイングス京都(京都市男女共同参画センター)セミナー室B >アクセス
     
【プログラム】
  1)「日本の気候政策における経済的手法の導入をめぐる状況」 諸富 徹 氏
  2)「欧州・ドイツの気候変動政策最新動向から見る日本の政策」 スヴェン・ルドルフ氏
  3)質疑・ディスカッション

【参加費】 一般 1,000円 FoE Japanサポーター500円

【申込み】 下記フォームより3月25日(水)までにお申込みください。
       >(一般) http://www.foejapan.org/event/event_form.html
       >(サポーター) http://www.foejapan.org/event/spt_event_form.html

【問合せ】 FoE Japan 気候変動政策担当 > softenergy@foejapan.org
       TEL 03-6907-7217 FAX 03-6907-7219

【主催】 国際環境NGO FoE Japan
【協力】 MAKE the RULEキャンペーン実行委員会

> MAKE the RULEキャンペーンについてはこちら

>(3/13 東京) 「グリーン・ニューディール」〜ドイツからの最新報告(ドイツ勉強会・特別企画)はこちら

(c) 2002 FoE Japan.  All RIghts Reserved.

サイトマップ リンク お問い合せ サポーター募集 English